リクルートスーツなんか糞食らえ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆がリクルートスーツを着るのは、インターネットのせい!?

リクルートスーツ 変じゃない? 就活ビジネス

「今」や「現在」というのは人類の長い歴史上のという時間の中では最先端です。しかし、そんな最先端の日でも人類はたくさん問題を抱えています。環境問題もあるし、人間同士の争いも絶えません。日本もあの戦争を終えてから怒涛な時代を突き進んできました。

....と壮大なことを語り始めましたが。要するに2017年という最先端で進んだ時代にも関わらず、どうして日本はどんどん閉鎖的になっているのだろうと疑問を感じています。時代は進むどころか、社会は悪くなっている一方です。

リクルートスーツも閉鎖的になっている要素の一つです。人々の自由や権利というものがどこにいってしまっているのか不思議です。

以前の記事で、リクルートスーツがここまで普及した理由に、一部の大人達のせいにしました。しかし、それ以外にもインターネットも理由の一つに当てはまるでしょう。

インターネットは現在欠かせないものになっています。昔と違い、情報は手軽に手に入ることができるようになりました。わからないことはインターネットで検索すれば、大体のことはわかります。Googleのcmを見ると、いかに検索機能がすごいかがわかりますね。

しかし、インターネットは便利であると同時に閉鎖的だと思います。何故なら、情報が多すぎて、人の目に触れやすい情報とそうでないものが出てきてしまうからです。多くの人は検索結果の上位のものしか目を通しません。私自身、4ページ目以降に行くことはないに等しいでしょう。

そのことから多くの人は大体同じページをみていることがわかります。つまり情報は無限といってもいいほど多いはずなのに、情報は偏ったものしか見ていないことになります。広告と同じように情報操作ができるといってもいいでしょう。

だから、「就活」と検索すればリクルートスーツ関連の記事しか多くの人は見ません。インターネットという膨大な情報が蓄積されている素晴らしい機械を使っても、偏った情報しか見ることができないのです。

おまけ

調べている時に面白い記事を見つけたので、こちらの記事を紹介します。興味があれば一読ください。

www.gizmodo.jp