リクルートスーツなんか糞食らえ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リクルートスーツはダサいということを、スーツ会社もわかっている

リクルートスーツってダサいですよね。以前、リクルートスーツはダサいということを、若者はわかっているという記事を書きました。しかし、それは若者だけに限りません。スーツ会社もリクルートスーツはダサいということをわかっています。わかっているどころか、それを意図的にイメージづけしているので、恐ろしいです。

ダサいものを作り上げ、広めた罪

リクルートスーツがここまでダサさが特化されたのも、「就活時期のみに使うスーツ」と限定したことにあるでしょう。元から就活生に個性なんて求めていない社会人の大人達の意向に沿って、短期間しか使われないそのファッションは消耗品として発展していったと思います。

リクルートスーツは人々に同一化を強制させるものです。学生は、就活生という団体に括られ、制服を着させられます。しかもその制服は高級ブランドのような素敵なものではなく、安っぽく見せるために作られたものです。それを着させることによって、見た目が同じような就活生を大量生産しています。

利益のために都合のいいものを作り上げたスーツ会社ですが、そんな明らかにダサいものを人々に着てもらうには、イメージを植え付ける必要があります。それは宣伝です。リクルートスーツが当たり前になった現在でも、cmは流されていますね。

積極的にダサくしたリクルートスーツを、美人さんに着させることでリクルートスーツを正当化しています。他にもCanCamやnon-noといった人気ファッション誌の名前も利用しています。

リクルートスーツのイメージ向上にはならなかったと思いますが、人々に「まあ着られるものだ」と思わせることができたでしょう。それどころか、社会の常識にまで上り詰めたリクルートスーツの現在の状況をみると、会社の戦略は成功したといえるでしょう。

終わりに

こんな記事をわざわざ作らなくても、「リクルートスーツはダサい」ということは社会全体の共通認識だと思っています。誰の目から見ても、リクルートスーツはダサいはずです。

しかし、そんなダサいファッションは現在普及しました。そして、その理由は良いものではありません。「生意気だと思われないように」、「目立たないように」、「社会から外れたものと思われないように」と否定的に見られないように皆同じ格好をします。

どうしてそんな風に思ってしまうのか。それは一部の固い考えのせいです。「外見より中身で勝負」、「おしゃれをするのは不真面目の象徴」といった考えが蔓延しているからです。しかし、それと同時に多くの人は外見がいい人は有利になることを知っていますし、ビジネスにおいて身だしなみは重要だと考えています。意外にも、それらのような「常識」とされている考えを、多くの人は支持していないかもしれません。皆がそういう考えだから合わせている可能性があります。

リクルートスーツは、本当にビジネスシーンにおいて身だしなみの基準を達しているのか、改めて考える必要があると思います。

女性の体とリクルートスーツは合わない!?

以前、女性はスーツを着ると力を現れるというような動画を紹介しました。確かに一理あると思います。スーツを着ることによって、権力や強さが見えるような気がします。

しかし、女性の体とスーツは合うものなのかなと疑問に感じていました。そこで、面白いブログ記事を見つけたので、紹介します。

ameblo.jp

この方の意見に私は共感しましたし、パワースーツの動画も理解できます。実際、女性の体と合っているのか研究しなければならないですね。

この記事では、体に合ったスーツを着た上で批判しています。なおさら、リクルートスーツは女性の体に合っていないのではないかと感じました。

リクルートスーツは、オーダーメイドされた黒のスーツと違って、大量生産されたものです。ある程度、サイズは分かれているものの、多くの学生は自分の体に合ってないスーツを着ているのではないかと思いました。

スーツは自分の体にフィットしていることが重要と聞きます。リクルートスーツを着ている人が安っぽく見えてしまう原因の一つが、サイズ感にもあると気づいたような気がします。その上、女性にとってスーツは男性的で、よりリクルートスーツに着させられている感が出ます。女性にとって、着こなすのが難しいものだと認識しました。

リクルートスーツをやめたきっかけ

私がリクルートスーツをきっぱりやめられるようになった経験を紹介しようと思います。それは3年生の時に行ったインターンシップです。大学のインターンシップのプログラムで夏休みを利用して行くものでした。私は日本国外で、ある国の機関に1ヶ月程勤めました。

正直にいいますと、仕事内容は胸を張るほど何かを成し遂げたわけではありませんが、文化の違いは勉強になりました。

 インターンシップ前の説明会

インターンシップに行く前、10回程の講習を受けることが必須でした。その講習の2回目あたりに、その国事情についての説明がありました。その際、向こうでの服装について就活のような服装をするようにカウンセラーの人に推奨されました。

私はその言葉を真に受けて、もう1着リクルートスーツを買いに行きました。スーツ2着、シャツも1週間分、バッグもヒールも揃え、1ヶ月のインターンシップのために万全の準備をしました。

現地に行って

リクルートスーツをスーツケースいっぱいに詰めて、現地へ渡った私。毎日毎日同じ格好をして通勤しました。スーツの気持ち悪さを我慢し、ヒールで擦れた足に耐えながら日々を過ごしていました。

しかし、ある2つの出来事で私の格好はアホらしいと突きつけられました。

1) このプログラムに参加した日本人は約10名でしたが、私のようにリクルートスーツ一式揃えて来た人はいませんでした。一応、黒スーツを1着持って来ている人もいましたが、カジュアルなビジネスルックやフォーマルなスーツスタイルを持って来ていました。

 そんな彼らは見て、制服のように来ている私が恥ずかしくなりました。

2) 現地の人たちの自由な格好に感化されました。皆、暑い気候にあった格好をしていましたし、スーツを来ている人は少なかったです。女性に至っては、ほとんどの人が降るメイクしていませんでした。肌も目には何もしていないのに、口紅だけ塗っている人もいました。そして、職場にいる間、ビーサンで過ごしている人もいました。

 このように、ラフで働きやすそうな格好を基本的にはしていましたが、何か大事な会議や集会がある時は、ヒールに履き替えたりなど、場面によってしっかり切り替えていました。

この2つの事柄が私の背中を大きく押してくれました。同じように講習を受けたのに、自分で服を選択した日本人の仲間。そして、TPOをしっかりわきまえつつ職場では各々の好きなファッションに身を包む現地の方を見て、もうリクルートスーツは絶対に着ないと決意しました。

終わりに

ずっとリクルートスーツに対して疑念を感じ、モヤモヤしていながらリクルートスーツを着ないことができない私。そんな自分が非常に許せませんでしたが、「自分の信念に素直になればいいじゃん」とようやく肩の力を抜くことができました。素直に従ってみると、こんな簡単なことだったのかと、とても嬉しい気持ちになりました。

動画紹介 〜割とフォーマルファッション〜

ビジネスファッションの参考になる動画をまとめて紹介します。

1) こちらの動画は、購入品紹介動画です。前半で何を買ったのか紹介し、一つ一つのアイテムについて言及しています。MANGOやH&Mと日本にもあるブランドも使われているので、参考にしやすいです。後半でまとめて全身コーディネートを流しています。

www.youtube.com

 2) こちらの動画は、とにかくおしゃれです。コーディネートの説明をしながら、テンポよく着替えるので、見ていて楽しい動画です。上級者向けで少し難しいかもしれませんが、色使いやアイテムの組み合わせは参考になります。

www.youtube.com

3) 音楽に合わせて、全身コーディネートをテンポよく紹介しています。シャツは一切着ていないのに、しっかりフォーマルです。女性らしくて、素敵なコーディネートばかりです。

www.youtube.com

4) 1週間のコーディネートを紹介しています。一つ一つのコーディネートを丁寧に説明しています。そして、フォーマルな上に彼女の個性がファッションからにじみ出ています。とても素敵です。

www.youtube.com

5) こちらの動画も音楽に合わせて、コーディネートを紹介しています。この方のファッションもフォーマルでおしゃれです。

www.youtube.com

終わりに

YouTubeは個人の動画が見れるのが醍醐味ですね。今回紹介した方達のオリジナリティを見ているとワクワクしませんか。どの動画も参考になり、見ていて楽しかったです。

私が就活サイトを使わない理由

もうすぐ就活の時期になりますね。卒業を控える学生が不安になる時期が来ようとしています。私は今年の3月に卒業しますが、未だに就職先は見つけていません。今も就活をしています。

就活で面接をするために、エントリーをする必要があります。普通の人は就活サイトや企業のホームページからエントリーしていると思います。しかし、私は就活サイトではなく転職サイトからエントリーしています。

その理由は、次の通りです。

  1. 就活サイトには魅力的な求人がない
  2. 説明会の意義がわからない
  3. 就活サイトのシステムが使いづらい
  4. 興味のない情報が多すぎる

まだ就職先は決まっていないので、全力で転職サイトをオススメするわけではありません。こういう方法もあることを紹介しました。

就活サイトを見ていると、気分が滅入ります。就活という枠に収まっていると実感させられますし、早く就職先を決めないといけないという焦りも生まれます。そして、就職することを「目的」として感じさせる所があると思います。