リクルートスーツなんか糞食らえ!!

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活とフレッシャーズのcmの違い

リクルートスーツ 就活ビジネス 動画紹介

スーツ会社は幅広いフォーマル服を扱っています。リクルートスーツだけを取り扱っているわけではありません。そうすると、cmは就活生向けのものだけでなく、新社会人に向けたものも作られています。今回は、その2つのcmを見比べてみましょう。

まずは就活生に向けたcmからです。(2015/12/15)

www.youtube.com

次に、新社会人に向けたものです。(2016/02/17)

www.youtube.com

このcmの違う点は以下の通りです。

  1. 武井咲さんの立ち位置。就活では就活生とは別の立場におり、スーツを着ていません。フレッシャーズではスーツを着用しています。
  2. フレッシャーズの方が出ているスーツの種類が豊富。
  3. フレッシャーズの方の背景には色が入っている。

どちらも面白みのないcmですが、意外にもフレッシャーズの方は就活と比べ、制限はゆるめだということに気づきました。仕方ないことですが、就活の方はリクルートスーツのイメージに引っ張られるように、単調でつまらないcmになっていますね。

貼り付けたcmは洋服の青山のものですが、AOKIもこの法則は同じです。2015年と資料が古くて申し訳ないですが、AOKIのフレッシャーズはなんと踊っていました。

f:id:stoprecruitsuiting:20170130230541j:plain*1

楽しそうで何よりです!

YouTubeで使える検索単語

ビジネスファッション 動画紹介 参考例

日本は一部の奇抜なファッションが注目されていますが、ビジネスファッションは遅れているような気がします。そのため、YouTubeで検索してもおしゃれなビジネスファッション動画が見つかりません。ビジネスファッションに関する動画は少ない上に、就活雑誌やスーツ会社のカタログにあるような服装しか見つかりません。

おしゃれで参考になるビジネスファッションを探すのに、日本語では限界があります。英語で検索することによって、あなたにとって参考になるコーディネートが見つかるかもしれません。そんな素敵な動画と巡り合うために、検索単語をお教えします。

使える単語

  • office:オフィス
  • work:仕事
  • business:ビジネス
  • outfits:服装
  • ootd:今日のコーディネート
  • lookbook:ルックブック
  • formal:フォーマル
  • casual:カジュアル
  • suit:スーツ
  • women:女性
  • shoes:靴
  • haul:購入品紹介

これらの単語を組み合わせて、自分の見たい動画を検索してみましょう。

検索ワード例

  • office wear
  • workwear
  • work outfits
  • office outfits
  • suit women
  • work wardrobe
  • shoes office work
  • work haul

このように関連する単語を組み合わせると、参考になるおしゃれなビジネスファッションを見つけることができます。また、"summer", "winter"などの季節を入れると、季節ごとのファッションの動画を探すことができます。

他にも、"work"に"hairstyle"や"makeup"という単語を付けると、参考になる髪型やメイクを見つけることができます。

英語で検索すると、おしゃれなものがたくさん出てきます。インターネットで気軽に調べることができるので、是非検索してみてください。

皆がリクルートスーツを着るのは、インターネットのせい!?

リクルートスーツ 変じゃない? 就活ビジネス

「今」や「現在」というのは人類の長い歴史上のという時間の中では最先端です。しかし、そんな最先端の日でも人類はたくさん問題を抱えています。環境問題もあるし、人間同士の争いも絶えません。日本もあの戦争を終えてから怒涛な時代を突き進んできました。

....と壮大なことを語り始めましたが。要するに2017年という最先端で進んだ時代にも関わらず、どうして日本はどんどん閉鎖的になっているのだろうと疑問を感じています。時代は進むどころか、社会は悪くなっている一方です。

リクルートスーツも閉鎖的になっている要素の一つです。人々の自由や権利というものがどこにいってしまっているのか不思議です。

以前の記事で、リクルートスーツがここまで普及した理由に、一部の大人達のせいにしました。しかし、それ以外にもインターネットも理由の一つに当てはまるでしょう。

インターネットは現在欠かせないものになっています。昔と違い、情報は手軽に手に入ることができるようになりました。わからないことはインターネットで検索すれば、大体のことはわかります。Googleのcmを見ると、いかに検索機能がすごいかがわかりますね。

しかし、インターネットは便利であると同時に閉鎖的だと思います。何故なら、情報が多すぎて、人の目に触れやすい情報とそうでないものが出てきてしまうからです。多くの人は検索結果の上位のものしか目を通しません。私自身、4ページ目以降に行くことはないに等しいでしょう。

そのことから多くの人は大体同じページをみていることがわかります。つまり情報は無限といってもいいほど多いはずなのに、情報は偏ったものしか見ていないことになります。広告と同じように情報操作ができるといってもいいでしょう。

だから、「就活」と検索すればリクルートスーツ関連の記事しか多くの人は見ません。インターネットという膨大な情報が蓄積されている素晴らしい機械を使っても、偏った情報しか見ることができないのです。

おまけ

調べている時に面白い記事を見つけたので、こちらの記事を紹介します。興味があれば一読ください。

www.gizmodo.jp

モデルにだまされるな!

リクルートスーツ 就活ビジネス 変じゃない?

モデルさんってすごいですよね。リクルートスーツまでも、可愛く着こなしてしまうのですから。リクルートスーツを着ているモデルさんを「可愛い!」「似合っている!」「さすがモデル!着こなしている」と思っている方、こんにちは。

私と一緒に改めて、スーツ会社が起用しているモデルさんのリクルート姿を見てみましょう。

洋服の青山

私がお世話になった青山スーツです。青山スーツはnon-noと一緒になっており、新川優愛さんがリクルートスーツを着ています。

f:id:stoprecruitsuiting:20170130042433j:plain

f:id:stoprecruitsuiting:20170130041936p:plainf:id:stoprecruitsuiting:20170130041928p:plain

いかがですか。可愛いですね〜。着こなしていますね〜。

AOKI

次にAOKIのスーツです。AOKIはCanCamと組んでいます。モデルは山本美月さんと坂田梨香子さんです。

f:id:stoprecruitsuiting:20170130043508j:plain

f:id:stoprecruitsuiting:20170130043514j:plain

どうでしょうか。二人ともリクルートスーツが似合っていますね〜。

はい。ふざけるのはここまでにします。

洋服の青山、AOKI以外にもリクルートスーツを着ているモデルはいると思いますが、誰が着ていても変わらないので、写真の例はこの辺にしておきます。「誰が着ていても、なんて言い方は失礼だ」と思うかもしれませんが、リクルートスーツは目立たないことが目的の格好なので仕方がありません。試しに顔を隠して、写真を見てみてください。どの写真も大差ないと思いますが、いかがでしょうか。

美人の特権

個人的な考えですが、顔とスーツの対比は100:0です。顔がこのコーディネートの全てです。実際、顔を隠して写真を見ると、リクルートスーツ自体になんの魅力を感じません。つまり、顔ありきのファッションともいえるでしょう。

モデルさん程の美形だと、基本的に何でもある程度着こなしてしまいます。ダサいの頂点にあるリクルートスーツですら一部の人が美しい、似合っていると勘違いしてしまう程、着こなしてしまうのです。

モデルが着ることによって、どれほどリクルートスーツのイメージが向上されているのかわかりませんが、何かしらの効果はあるでしょう。ただそれは、着ている人が美人に過ぎないです。美人の持つ力は恐ろしいですね。

リクルートスーツはダサいということを、若者は分かっている

リクルートスーツ

f:id:stoprecruitsuiting:20170115212504j:plain

(スーツの青木にあった写真を使い、編集しました。)*1

就活のおかげで、スーツ会社はどれだけ儲かっているのでしょうか。子供は減少しているとはいえ、毎年毎年、リクルートスーツというジャンルは売れるに違いありません。わかりやすく就活服セットを売ってくれているのですから、学生にとっては楽ですし、値段も比較的に安めです。

しかし、皆が買い、着ているから、リクルートスーツを支持しているというわけではありません。普及はしていますが、若者はリクルートスーツはダサいということを分かっています。

リクルートスーツはどうしてダサいのか

リクルートスーツがダサい訳は、シンプルです。リクルートスーツは、おしゃれを完全に排除し、地味さを特化したものだからです。要するに、服として最低限の機能を持っているに過ぎないということです。これ以上ダサくしようがない程、リクルートスーツはシンプルなものになりました。色も形もデザインも何も遊び心がありません。

そして、バリエーションは1つしかないです。黒いスーツと無地のシャツというお決まりのコーディネートです。同じアイテムを皆が着るのに、デザインや形までも同一で個性を殺してしまっているのもダサい理由の一つです。

使い道も就活だけという恐ろしいファッションジャンルです。

そんな限定的なファッションは、これ以上発展しようがありません。そのうち、企業のマークや日本国旗でもスーツに縫い付ける他、リクルートスーツは進化しないと思います。

私の世間の印象

 ここからは、個人的に感じているリクルートスーツを支持していない世間の様子です。

  1. 私服でリクルートスーツを着ている人はいない
  2. ファッション雑誌にリクルートスーツは絶対に載らない(おしゃれじゃない)
  3. 有名人でリクルートスーツを着ている人はいない(広告以外)
  4. テレビで黒スーツを着ている人は少ない
  5. How to動画が多いYouTubeでさえも、リクルートスーツに関する動画が少ない

終わりに 

リクルートスーツは今普及しています。しかし、同時にダサいということも皆わかっています。人々が就活のためだけのスーツを買うことに無意味さを本当に感じたら、絶対に買わなくなるでしょう。

スーツ会社は個人のことなんて、何も考えていません。いくら安めとはいえ、就活にしか使わないスーツを最低3万円ほど払うなんてアホらしいです。

就活のその先にも人生は続いているので、しっかりとした仕事着を就活の頃から買う方が本人のためだと、私は思います。